2017年05月15日Mon [03:57] 中国  

日中交流の軌跡 

日中交流の軌跡日中交流の軌跡
崔 淑芬

中国書店 2017-02-20
売り上げランキング : 1353265

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「来日中国著名人の足跡探訪」はもう13年前の著書なのか。自分が読んだのは2005年の7月の様だが。記憶に残っているのは最後に歴史認識お説教でどっシラケだったから。ちょうど安保理入常の第一次反日デモの頃だったので、尚更だったのだが、それから12年。その色は無くなっている。かといって、反中共的になったということも全くなく、登場する人物の戦後特に文革期などは完全にスルーである。13年前の本がベースではあるのだろうが、ゆかりの地訪問記はどは最近のものにアップデートされているのかもしれん。徐福上陸の地(とされてい場所)などは中国人観光客で大盛況の様だが、これはここ数年の変化であろう。孫文や郭沫若も完璧な人間にされているし、陳独秀の様な中共史で微妙な人は抜けているし、汪兆銘なども無い。周恩来の受験失敗や蒋介石の陸士未入学は書いている。周恩来が通っていた予備校はトップクラスの大学合格率を誇っていたみたいで、その内訳なども。こうした中国人専門の大学予備校が100年の時を過ぎ、再び日本で盛況になるとは感慨深いものがある。もっとも、今の中国人留学生で政治活動を行う者はほんの少数であろうが。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する