2017年05月12日Fri [04:21] 韓国  

崩韓論

崩韓論崩韓論
室谷克実

飛鳥新社 2017-02-08
売り上げランキング : 19492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『WiLL』と『月刊Hanada』に掲載されたもののまとめらしいのだが、この2誌って、和解したんだっけ。飛鳥新社だから花田側ということになるが、『WiLL』の分の著者が原稿持ち帰ったのか。この段階ではまだ朴槿恵失脚は確定していなかったのだが、日本の感覚で言うと、崩壊であることはたしかであろう。それを韓国は民主主義が進んでいて、日本が遅れているという界隈の言説は理解不能であるのだが、革命至上主義のアタマだと、民衆が体制を倒すということが至高になるか。従北政権も最初から反日カードを振りかざすことはないと思うが、とりあえず日韓合意破棄は公約であるから、破棄を前提にした上で、何を提示してくるか。道徳の無い国が道徳を説くというパフォーマンスが展開されるだろうが、日本の従北派は日本の従韓派を支配することができるのか。のりこえネットとか分裂するかな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する