2017年05月11日Thu [05:56] イギリス  

THIS IS JAPAN

THIS IS JAPAN――英国保育士が見た日本THIS IS JAPAN――英国保育士が見た日本
ブレイディ みかこ

太田出版 2016-08-17
売り上げランキング : 97896

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本の分断は右翼と左翼だが、英国の分断は階級で、日本で左翼の帰属意識はなかったが、英国で労働社会階級の帰属意識を見出した人。高校時代に定期代を払う為にバイトしていたら、先生にあり得ないと言われた事がトラウマとしてあるみたいたが、この当時がバブル絶頂期であるが、公立なら学費も、学割定期も年数万円くらいだろう。バイト代は今とそう違う訳でもない。ただ、それでも収入の無い家庭も、借金がある家庭も幾らでもあったし、進学の条件が経費を自分で賄うことであった場合もあるだろう。この逸話のキモは学校側のバイト許可制にあると思うのだが、それは分からん。そんな著者が英国に行けたのは水商売にあるそうだが、コンビニの時給は今と大して変わらんが、水系は物凄く減少しているはず。それも需要と供給の関係からすれば必然的である。所得の格差は階級もイデオロギーも相関性はあっても、決定要素ではないと思うので、政治運動も階級闘争も解決策にはなり得ない。やはり経済という指標で策を見出すしかなかろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する