2017年05月10日Wed [05:51] 中国  

尖閣諸島と日中外交

尖閣諸島と日中外交 証言・日中米「秘密交渉」の真相尖閣諸島と日中外交 証言・日中米「秘密交渉」の真相
塩田 純

講談社 2017-04-14
売り上げランキング : 329301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


反日暴動最中に放映されたNスペ本か。今頃になって出すのは後追い取材があったのかな。証言者が続々と鬼籍に入っているという事情もあるのかもしれん。いずれ第2弾が放映されるのだろうけど、「棚上げ」はあったとすると、政府からクレームは入るかもれん。日本が米国にそう説明したのは確かなようだが、棚上げという語句でははなく、議論しないという表現で、公式的には議論の余地は無いだとしても、将来、中国から持ち出されることを予想しているという心証を受けたとのこと。漁船集結事件は権力闘争という見方が一般的な様だが、将来への伏線として中国側が担保したという可能性もあろう。大平が侵略戦争という言葉を使って謝罪したというのもちょっと信じられんが、これは中国側の証言。蒋介石がこの問題で強く出なかったのは外交的にしれどころじゃない状況であったということもあるが、保釣が中共に利用されて、政権打倒に繋がるのを恐れたからというのはあるか。その講座は今も同じではあるが。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する