2017年05月06日Sat [06:36] 米国  

銀幕のキノコ雲

銀幕のキノコ雲―映画はいかに「原子力/核」を描いてきたか銀幕のキノコ雲―映画はいかに「原子力/核」を描いてきたか
川村 湊

インパクト出版会 2017-04
売り上げランキング : 551213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


川村湊がインパクト出版会か。と思ったら、在日とか原発といったその筋のテーマで、インパクト御用達だったんだな。これも「キノコ雲」映画集ということだが、昔と違って、ネットでリストは作れるので楽勝仕事であった様だ。内容もある程度掴めるだろうが、商業映画はDVD化、それ以外は動画サイトで見られる場合も多かろう。日本の原爆映画の特徴として、被害者視点が多いのは当然として、その加害者側、この場合米国だが、を攻撃すような映画がほとんどないというのが特徴か。それは当然、圧力も忖度もあったのだが、だからこそヒロシマ、ナガサキが普遍化したというところもある。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する