2017年04月28日Fri [06:22] モンゴル  

田中克彦自伝

田中克彦自伝: あの時代、あの人びと田中克彦自伝: あの時代、あの人びと
田中 克彦

平凡社 2016-12-09
売り上げランキング : 266737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


書き下ろしなのか。83歳だから、そういう準備も必要なのだろうが、登場する人物は故人が多くなっているから、その時期を待っての出版だったのかもしれん。佐々木千世子という人は思わず検索してしまったが、開高健の小説は彼女が事故死した後に出たのか。開高もえげつないが、徹底的にダメ出ししていて、この小悦を褒めたC・W・ニコルにもその矛先を向けている。岸陽子は東京外語の同期らしいが、台湾から映画の買い付けに来るバイヤーの通訳で、教授より収入が多かったという。しかし、戦後10年くらいで、日本語の分からず、岸の大陸中国語が分かるバイヤーが台湾から日本映画の買い付けに来ていたのか。映画は統制産業だったから外省人がその役を担っていたのかもしれんが、どうも腑に落ちない話である。岸は田中とタメで、まだ存命だと思うが、ダンナの安藤彦太郎とは17も離れていたんだな。その辺では岡田英弘も出てきて、岡田の前妻も若い妻だったそうだが、家柄のいい人で、田中を毛嫌いし、岡田は完全に妻のいいなりであったという。結局、長い期間かけて、離婚に成功し、岡田は宮脇淳子と再婚するのだが、歳の差は21か。中国関係では同僚だった溝口雄三だが、東京外語で、研究に必要な西洋語を第三外国語で必修にしようとしたところ、自分は中国語だけで世界を渡り歩いている、西洋語などを勉強するのは植民地根性だと猛反対したのだという。たしかに中国研究ならそれでもいけるだろうし、岩村三千夫などは中国語もできなかったという話もあるのだが、モンゴル語とかになると、ロシア語、ドイツ語の文献が読めないと研究にはならなかった様だ。戦中戦後の話とか結構面白い話あり。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する