2017年04月27日Thu [04:20] ペルー  

ペルーの和食

ペルーの和食:やわらかな多文化主義 (慶應義塾大学教養研究センター選書 16)ペルーの和食:やわらかな多文化主義 (慶應義塾大学教養研究センター選書 16)
柳田 利夫

慶應義塾大学出版会 2017-04-05
売り上げランキング : 418984

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


柳田利夫先生か。単著は15年ぶりの様だ。慶應義塾大学教養研究センター選書だが、分量が限られているので、あえてテーマを絞ったんだろうな。おそらく先行研究と言えるようなものはないが、ハワイにはあった様な。ペルーの和食文化はブラジルよりもハワイやアメリカに近い感じである。ブラジルはあまり現地化することなく、白いご飯が最後の砦になることもなかったのだが、ペルーの方がより混血度が高いということであろう。ブラジルが特殊なのは和食が中華に優位性を保っていたことで、それは主に人口的要因なのだが、ペルーの場合、日系の会合などでも中華が使われていて、安くて量がある中華の対極である和食は一般化しなかった。最近のフュージョン和食ブームはアメリカの影響という事もあるが、出稼ぎなどで日本経験者が多くなったというか、日本経験の無い日系人自体が少なく、日系人としての日本経験者はとある事情で日系人人口の分母を上回っているかもしれん。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する