2017年04月25日Tue [05:59] 東南アジア  

新自由主義下のアジア

新自由主義下のアジア (グローバル・サウスはいま)新自由主義下のアジア (グローバル・サウスはいま)
藤田和子

ミネルヴァ書房 2016-10-30
売り上げランキング : 458686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ミネルヴァの「グローバル・サウスはいま」はこれで2冊目だけど、ここでいう新自由主義というのはアメリカの暗喩なのかな。中国、日本、アメリカ、そしてまた中国と、地域の覇権国家はいずれも新自由主義的傾向なのだが、それを経済的概念ではなく、政治的概念で論じたものを集めたような論集。共編者の藤田和子と文京洙は立ち位置が真逆の様な感じも受けるが、弾劾本にはなっていない。コラムは映画化されて自身の役を松坂恵子がしたというベトナム関係の人やフィリピンNGOの人も。北京語源大学卒業、ルーマニア政治行政学院修士、筑波大博士という人がいるが、この人はルーマニアの元外交官なのか。博論が中国の中央アジア戦略だったのかもしれん。温州商人ではなく、青田華僑について書いている人も。青田は温州と同地域とされる場合が多いと思うが、前に読んだ温州ネットワークの性格とはちょっと違う様な。外国語学校人気は移民に直結していることもあろうが、義烏で仕事が見つけられるというのもあるんじゃないかな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する