2017年03月28日Tue [05:17] 東アジア  

公論と交際の東アジア近代 

公論と交際の東アジア近代公論と交際の東アジア近代
塩出 浩之

東京大学出版会 2016-10-29
売り上げランキング : 659245

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


三谷博ゼミのOBOG論集か。タイトルが漠然としているのは、各テーマに共通点を見出すのが苦しいからか。「台湾出兵」に関する中国での報道に関するものがちょっと興味深い。東アジアの近代ジャーナリズムは西洋がもたらしたものであることは確かであるのだが、今のCNN、BBC状態ではないが、横浜も上海も香港も西洋人が始めた新聞が情報ソースとなるので、当然視点が日本とか中国とか関係なく西洋なのである。台湾出兵に対して批判する新聞もあるが、賛成する新聞もある。それは「公論」であっても「世論」ではないのだろう。「ジャパン・タイムズ」の偏向報道は国内で批判されているが、かといって、中国の様に英字紙、SCMPみたいなものまで国家の影響下に置くことは国全体の失墜になろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する