2017年03月22日Wed [05:57] ロシア  

スターリン批判  1953~56年

スターリン批判 1953~56年――一人の独裁者の死が、いかに20世紀世界を揺り動かしたかスターリン批判 1953~56年――一人の独裁者の死が、いかに20世紀世界を揺り動かしたか
和田 春樹

作品社 2016-06-10
売り上げランキング : 128256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


韓国では村上春樹と並ぶ良心的日本知識人なのだろうが、ソ連が崩壊して北朝鮮に鞍替えしたのが間違いの始まりだったのかな。現代ロシアに言及することはほとんど無くなっているからロシア人に興味があったのではなく、あくまでソ連史であったのだろうが、本来の専門であればいい仕事するのにな。スターリンの最後の執務は金日成からの借金支払い猶予要請を承諾したことだそうだが、その辺にツボがあったのだろうか。スターリンの死に関してこれから決着が付く証拠が出てくるとは思えんが、自然死であったとしても謀殺に近いものであったことは推測できる。その鍵はユダヤ人であることは匂わせているが、その後のスターリン批判の中にその答えは見つからない。中国もまだ公式にスターリン批判じは出していないと思うが、今後スターリン主義がロシア愛国主義と結びついて復活する可能性はあるか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する