2017年03月21日Tue [06:13] キューバ  

108年の幸せな孤独

108年の幸せな孤独 キューバ最後の日本人移民、島津三一郎108年の幸せな孤独 キューバ最後の日本人移民、島津三一郎
中野 健太

KADOKAWA 2017-01-25
売り上げランキング : 6870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2016年に亡くなったそうだが、前に日テレ日曜深夜のドキュメントか何かの番組で視た人かな。生涯独身、ヘビースモーカーと長寿の条件には合わない人なのだが、キューバの地で108年も生きたというのはキューバの医療制度も、キューバの食事も関係あるか。元々、葉巻は支給されていたそうだが、国の財政事情なのか、保健政策なのか支給されなくなったという。その事が死期を早めたのか、遅らせたのかは分からんが、日本で親族に囲まれるよりは、幸せな孤独だったのかもしれない。キューバ革命に参加した日系人は知られていなかったのだが、著者は一人見つけ出している。ボリビアでゲバラと共に戦った日系人はいたし、ブラジルやアルゼンチンでも反政府ゲリラとなった日系人はいたのだが、キューバの日系人は数的にも少ないし、反対する親に逆らうこともなかった様で、例外的であったか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する