2017年03月21日Tue [05:45] 米国  

トランプの真実

トランプの真実トランプの真実
ジョージ・ビーム 大友 香奈子

実業之日本社 2016-08-05
売り上げランキング : 864070

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


トランプ本が雨後の筍状態になった第一波は共和党予備選勝利の頃か。この著者はノンフィクションライターとのことだが、批判派でも擁護派でもないという。実際にトランプに取材している訳ではないのだが、トランプ本は全部読んでいるからモノを言えるとの立場らしい。これもトランプのPR戦略の一端だとしたら、大したものなのだが、日本でもこれだけ出ているのだから、本国では本当に腐るほどトランプ本があるのだろう。それが批判であれ、擁護であれ、中立であれ、露出がヒラリーを圧倒していたのだから、勝利は決まっていた様なものか。マスコミに批判されればされるほど、人気が出るのはウチの首相と同じだが、まだマスコミが良識だと勘違いしている人が多い日本と違って、アメリカではマスコミは完全に第4の権力か。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する