2017年03月12日Sun [06:00] 中国  

中成長を模索する中国

中成長を模索する中国:「新常態」への政治と経済の揺らぎ (慶應義塾大学東アジア研究所叢書)中成長を模索する中国:「新常態」への政治と経済の揺らぎ (慶應義塾大学東アジア研究所叢書)
大西 広

慶應義塾大学出版会 2016-05-28
売り上げランキング : 726835

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大西広本ではなく、編者なのだが、8本中4本にクレジットされている。単著ではないが、半著ではあるか。慶應もマル経を残して置きたかったんだろうし、金子勝や日共のプッシュもあったのかもしれんが、このまま中共の権力闘争が終わらんと大西は地雷になるかもしれんな。習近平の御尊顔を表紙にして、薄熙来弾劾もやっているけど、終わった話だからな。薄熙来が偽毛沢東だとしても、ならば習近平はどうなのかというところから逃げるのはずるい。BRICSとかAIIBアゲは規定路線だけど、その世界ではアメリカが悪玉で中国が善玉だというのは無理がある。テロ関係も逃げているけど、アメリカの正義と中国の正義がその方面では矛盾しないし、BRICSとAIIBメンバーがアメリカを弾劾している訳でもないし、中国による秩序などどの国も支持しない。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する