2017年03月11日Sat [05:45] カンボジア  

チャムパ王国とイスラーム

チャムパ王国とイスラーム: カンボジアにおける離散民のアイデンティティチャムパ王国とイスラーム: カンボジアにおける離散民のアイデンティティ
大川 玲子

平凡社 2017-02-10
売り上げランキング : 285752

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大川玲子は中田孝の後輩、池内恵の先輩に当たる人。日本のイスラーム研究エリートなのだが、在外研究は方向を変えて、カンボジアにしたらしい。明学だけど、大学側が中東方面の派遣をストップしたのかな。かといって、欧米はつまらんだろうし、インドネシアやマレーシアは専門家がいるし、新疆は却下だろうから、カンボジアのチャム辺りなら、珍しくて良いということかもしれん。チャムの研究書は本邦初というのだが、そうなのか。昔、その様な本を読んだような覚えがあるのだが、タイトルが思い出せん。とのかく、カンボジアはとにかくクメール・ルージュ話ばかりになり勝ちなので、この様な別方面に研究が広がるのは喜ばしい。とはいえ、クメール・ルージュ時代を聞かない訳にいかず、ほとんどジェノサイドであるのだが、その辺はイスラーム学者は深入りしない。あくまで、他の地域とのイスラーム比較がメインである。知らんかったが、海南島の三亜にもチャム人が住んでいて、江、蒲、海が三大姓らしい。江は漢人にも多いが、蒲、海は漢人にはない。海姓は聞いたことが無いが、蒲はいそうだが、字が違うのか。蒲はごはんの意味があるそうで、かつて回族は挨拶代わりに「ご飯食べた?」と聞いていたので、そこから来たのではないかとのこと。回族の挨拶は漢族の影響だろうが、南から来たチャム人が北から来た回族に影響されたということなのか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する