2017年03月07日Tue [06:26] ブラジル  

ブラジル日系移民の教育史 

ブラジル日系移民の教育史ブラジル日系移民の教育史
根川 幸男

みすず書房 2016-10-26
売り上げランキング : 273639

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


すごい大作だ。USPで修士をとって、ブラジリア大で日本語を教えていた人らしい。となると、日系人の日本語教育には否応無く関心が向くか。戦前オンリーなので、戦後は次回作かもしれんが、出せるかな。日本のブラジル人学校との比較などもできるし、貴重な研究だと思う。ブラジルの日系人学校の歴史に関しては個々や各地域はまとめたものがあるのだが、総体的なものはなかったのか。そのほとんどは現在では消滅しているから、記録が残されていない学校もあるのかもしれない。ブラジルの場合、当時の農村では日系学校どころか、公立の学校さえ多くは無かったので、日系人学校も現地化されていったのだが、日系人学校とドイツ系学校に共通の面が見られたというのは、元々ドイツの教育を日本がモデルにしていたということもあるか。音楽の授業などは今でもブラジルの学校では無いところが多い。そうした日系人学校で学ぶ、日系人初の政治家となった田村幸重のサクセスストーリーは浪曲になったりしたそうだが、日本語は流暢だが、敬虔なカトリックでよりブラジル人的だった田村がブラジル名を使わず、ブラジル人には発音しにくい本名のユキシゲ・タムラで当選を重ねていた事を昔は不思議に思っていた。あれは日本人っぽい名前でる方がアピールし易かったからなのだろうか。同時期にトップ当選を重ねていたのがブラジル・ビッタという人だった。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する