2017年03月07日Tue [05:49] 中国  

私の宝物

私の宝物―泣き虫少年のあの日の中国私の宝物―泣き虫少年のあの日の中国
趙 平

連合出版 2017-01
売り上げランキング : 176034

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実体験に基づくいわゆるノンフィクションだとしているのだが、メタフィクションってやつだね。中国の日本語学界では名を届かせている人みたいで、78年組みで、その地頭の良さはこの日本語原文でも分かることなのだが、日本人が読めば日本の話はちょっと不自然に膨らんでいる気がするし、中国人が読めば、中国の話は同様に思うのではなかろうか。それこそいわゆる傷痕文学ではないかと思うのだが、阿部治平と30年来の同僚だそうで、類は友を呼ぶではないが、六四直前の中国の大学でアウトサイダー的な位置にいたことは想像に難くない。当時の天津外語大の日文科主任は労働者出身の日本語を解さない人だったそうだが、学識とは別の世界の幹部と、教員の断絶はたぶんどこの大学でも見られた事。文革中のファーストキスの話など、傷痕文学定番の甘酸っぱい恋なのだが、当時は自転車を鍵もかけずに外に置いていたというところに感慨深いものがあった。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する