2017年03月01日Wed [05:51] 中国  

中国人観光客の財布を開く80の方法 

中国人観光客の財布を開く80の方法 (新潮新書)中国人観光客の財布を開く80の方法 (新潮新書)
岡部 佳子

新潮社 2017-01-13
売り上げランキング : 177009

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


新顔の人だな。コンサル屋さんの様だけど、新潮は持ち込みではないだろう。ポスト爆買の企画だったと思う。ただ、中国人観光客の行く店は大体決まっている訳だし、中国人店員も揃えているだろうから、この程度の話は意味ないか。話は9割引で聞くというのは正しいだろうが、中国人を一括りにするなとなると、この本自体が矛盾してしまう。15年位前まではインスタントコーヒーの空瓶に茶葉を入れて飲んでいたというのは著者が上海に留学していた頃のことか。90年代中ごろにはもう廃れたと思ったのだが、2000年代でもそれが一般的だったのか。初めて中国に行った頃は汽車に乗ると、乗客の必須アイテムであったんだけど、不思議なのはコーヒーを飲んだことがないという人ばかりだったということ。空瓶は決まってネッスルのもので、聞くと、空瓶だけ売っているのだという。中身が入ったものは人民市場でも売っていたから、国内製造だったと思うが、コーヒーが飲めるのはホテルの「コーヒーショップ」とかだけで、それも外資じゃないところだと、戦中派が言うところの麦焦がしみたいなものであった。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する