2017年02月25日Sat [06:11] 東南アジア  

「大東亜共栄圏」の形成過程とその構造

「大東亜共栄圏」の形成過程とその構造 :陸軍の占領地軍政と軍事作戦の葛藤「大東亜共栄圏」の形成過程とその構造 :陸軍の占領地軍政と軍事作戦の葛藤
野村 佳正

錦正社 2016-09-23
売り上げランキング : 287606

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


防衛大院の博論ものらしい。珍しいが、博士課程が開設されたのは2009年か。著者は第1期で、博士号を3年で取得するのが任務だったという。安全保障研究科後期卒業となているから、防衛大の院は「卒業」なんだな。博士号取得即教授任命というのも分かりやすい。安全保障学博士というのはおそらく日本で取得できるのは防衛大だけであろう。そのテーマが大東亜共栄圏占領地軍政というのは微妙だが、「正論」に持ち込んだら、版元を紹介されたとのこと。ただ、日本の軍政研究は今後、レジームチェンジを迎える国の移行期政治として参考にすべきものはあろうし、それがかつての大東亜共栄圏の地域で起こりうる可能性は否定できない。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する