2017年02月23日Thu [05:51] ミャンマー/ビルマ  

ミャンマー権力闘争

ミャンマー権力闘争 アウンサンスーチー、新政権の攻防ミャンマー権力闘争 アウンサンスーチー、新政権の攻防
藤川 大樹 大橋 洋一郎

KADOKAWA 2017-02-02
売り上げランキング : 132860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中日新聞のコンビ。このタイトルだから、新政権か軍事政権時代の権力闘争の話かと思ったら、ほぼアウンサンスーチーの話だった。ちょっと前までのビルマものはアウンサンスーチーのブランド力に頼っていたところがあったのだが、フロンティアにお株を奪われて、バブルが一段落して、アウンサンスーチーに戻ったといった感じか。アウンサンスーチーの京大時代などの取材にも力入れていて、借りた図書なども暴露されてしまうのだが、外務省は矢野暢にセクハラされて、帰国してしまったという噂を信じていたのか。矢野が受けれたという事実は隠せないが、矢野がノーベル平和賞級の人物にまで手を出してたとなると、国際問題になるだろう。外務省は余計な詮索をすべきではない。この頃でもハッとする様な美人であったというから、着物でも着て嵐山の散策などしたら皆が振り返っただろうが、そうすると親子二代で日本人にされたと文句言ってくる界隈があったかもしれん。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する