2017年02月20日Mon [05:59] 米国  

米海軍から見た太平洋戦争情報戦

米海軍から見た太平洋戦争情報戦 ーハワイ無線暗号解読機関長と太平洋艦隊情報参謀の活躍ー米海軍から見た太平洋戦争情報戦 ーハワイ無線暗号解読機関長と太平洋艦隊情報参謀の活躍ー
谷光 太郎

芙蓉書房出版 2016-09-21
売り上げランキング : 227383

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本の暗号が全て解読されていたことが敗因の全てではないのだが、局地戦においてはそれは決定的意味を持つだろう。現在に至るまでアメリカの情報戦での絶対的優越は揺るがないが、かつてアメリカに留学してくる日本の将校が英語での意思疎通に問題がなかったのに対し、アメリカの軍人は日本語が出来るものが皆無で、そうした非対照を打破すべく、米軍の外国語教育が始まったのだという。日米開戦まで日本に留まった米国人留学生もいたそうだが、戦前は留学生も学生服、角帽だったのかな。そうした人材は戦後GHQで重宝されたのだが。暴走の歯止めにはなっていたのかな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する