2017年02月14日Tue [05:30] 東南アジア  

入門 東南アジア近現代史

入門 東南アジア近現代史 (講談社現代新書)入門 東南アジア近現代史 (講談社現代新書)
岩崎 育夫

講談社 2017-01-18
売り上げランキング : 1553

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


講談社現代新書で入門をやるのは珍しい気がするが、入門にしてはレベル高過ぎだろ。アジ研出身のシンガポール専科の人だけど、当時の南洋大(だったかな)に留学したのが80年で、その頃は東南アジアも入国関係は面倒臭かった様だ。喜多郎が長髪(という表向きの理由)でシンガポール入国拒否されたのはもうちょっと後だったかな。ジャカルタの空港で、華人女性がシンガポールから持ってきた中文図書を没収されたという話があるが、係員も女性も終始無言で、実用書みたいなものだったらしいが、本を取り上げると、そのまま脇の箱の中に投げ入れたという。税関はインドネシア人なのだろうけど、一瞬でそれが中国語なのか、日本語なのか判断ついたのか。私も末期ながら漢字の無いグロドッ地区を体験しているけど、それが中華街なのか即座には分からんかったので、ウロウロしてしまった記憶がある。それから例の焼き討ちなどもあって、インドネシアの対華人関係は触れてはいけないものの様に感じていたのだが、その辺はもう解消されつつあるのかな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する