2017年01月28日Sat [06:27] 中国  

「論語」と「西洋哲学」

ribbgo.png「論語」と「西洋哲学」―「敬意」と「支配」の身体論
藤本 一司

北樹出版 2016-12
売り上げランキング : 644314

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


安定の論語本だが、北樹出版は大学教科書の版元なのか。これを中国哲学のクラスで使うとも思えんが、西洋哲学と相対化するのは良いかもしれん。「論語」が主なので、てっきり東洋畑の人かと思ったのだが、専門はカントと一言。敬意がカギで、「孝」は生まれた順番が重要なのではなく、「知らないということを知る」状態にある存在は教えを受けられるということか。知らないということを知っていれば、敬意を持つことができる。敬意をもって接すれば、攻撃は受けない。まあ中国の問題は相手の敬意だけを求めて、自身が持たなければならない敬意が欠いているところにあるのかもしれん。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する