2017年01月25日Wed [05:16] 中国  

訪日中国人「爆買い」以外にできること

訪日中国人、「爆買い」以外にできること―「おもてなし」日本へ、中国の若者からの提言 (中国若者たちの生の声シリーズ12)訪日中国人、「爆買い」以外にできること―「おもてなし」日本へ、中国の若者からの提言 (中国若者たちの生の声シリーズ12)
段躍中

日本僑報社 2016-12-01
売り上げランキング : 44149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


中国人の日本語作文コンクール第12回。テーマは大森夫妻が決めているのか。何かいつも教条的なものから自由にならないな。だからなのか、教員経由の一括応募からなのか、テーマとは関係ない先生ネタが今年も7割くらい。中国の日本語学習者にとって、日本人教師が日本人の9割くらいを司っているので、その辺は頼むよ先生といったところ。今、日本の大学のほとんどに中国人教員はいるだろうし、自分の時代でも他学部課目含めめいっぱいとって、10人以上の中国人教員を記憶しているのだが、この本に出てくるような感激先生の思い出はないな。日本人教員でも無いからそれも当然なのだが、日本の大学生にとっての中国人とは教員ではなく、留学生だとか、バイト先の同僚だったりするパターンが多いんではないかな。それはともかく、数年前までお約束だった歴史認識ネタはすっかり影を潜めた。志望していなかったが仕方なく日本語とか、家族が猛反対というのは相変わらずお約束になっているのだが、本当は日本語をやりたかったのに、仕方なく英語にしたけど、やはり合わないので日語に移ったというかちてみたことないパターンがあった。英語が苦手なので、中文にしたというのは日本でもよくあるパターン。以前は中国人とすぐ分る写真が多かったけど、最近は就活写真風から、アイドル風、ギャル風、ウランちゃんみたいのとか色々だな。目線が右上の革命式はもう廃れたのか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する