2017年01月21日Sat [04:22] 中国  

民主主義を相対化する中国

hannriki.jpg民主主義を相対化する中国
范 力

時潮社 2016-12
売り上げランキング : 412193

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


産経の「鄧小平秘録」を中文訳した人なのか。当然の如く大陸では発禁で、香港の新東方から出したそうだが、大陸で発売されかなり売れたエズラ・ヴォーゲルの本と比較したりしている。その理由は言うまでもないのだが、著者自身は「鄧小平秘録」に批判的でもある。六四世代で当時は北京の院生。デモには参加したとのことだが、無事に日本留学を果たし、大陸でも何冊か著書があるみたいなので、別に活動家というほどではないのだろう。とはいえ、タイトルにある様に、意識的に祖国の「相対化」を図っているのは在日中国人研究者としては珍しいかもしれん。六四は無論、新疆、チベット、台独にまで踏み込んでいる。日頃、日本人学生に「中国」を教えている中で、日本人が最も嫌うのが「ダブスタ」である事に気が付いたのだろう。六四組は中共そのものが元凶とする者と、胡耀邦系列は無罪であるとする者に分かれるが、著者は後者の様で、胡錦涛時代は無害であったと見ている。積極的に胡錦涛時代の対日工作にコミットした訳でなければ、帰国して音信不通になるということもないか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する