2017年01月18日Wed [04:49] 米国  

日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか

日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか
矢部 宏治

集英社インターナショナル 2016-05-26
売り上げランキング : 6020

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


代弁者だとは思うけど、鳩山の名前は出さない方が良かったんじゃないかな。最後にロシア、朝鮮、中国の統一。連邦化を支持するとか馬脚を現してしまってもいる。台湾を併合した中国、ウクライナを併合したロシア、従北勢力による朝鮮半島統一と引き換えに日本の主権回復(米軍が出ていくということなのだろう)などを求める日本人がどれだけいるのか。日本は米国の属国だというのは中国が冷戦崩壊後に流布しているプロパガンダなのだが、それを受け入れるにしても、米国の属国の方が「自主独立していると著者が判断している中国や北朝鮮)より、よほど国民は平穏な生活を享受してきた。統一中国とか北方領土を完全併合したロシア、統一朝鮮などの覇権国家群と対峙することの方がよほど戦争の危険性が増すのである。反米ビジネスで食っている国民は極少数に過ぎない。ただ本屋と図書館の住所録みたいなものだけ出してきた人が50過ぎて論壇デビューの裏に何があるのか分らんが、北京に留学もしていたみたいだし、ノンポリだったが、覚醒したとかよう言うわ。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する