2017年01月12日Thu [05:42] イギリス  

日英開戦への道

日英開戦への道 - イギリスのシンガポール戦略と日本の南進策の真実 (中公叢書)日英開戦への道 - イギリスのシンガポール戦略と日本の南進策の真実 (中公叢書)
山本 文史

中央公論新社 2016-11-08
売り上げランキング : 159014

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


市井の研究家らしい。大学も20代後半になってから進んだそうだが、シンガポール大の博士で、これは博論のセルフ翻訳か。シンガポールでは華僑虐殺などがあって、さぞかしこの辺のテーマに日本人がタッチするのは厳しいものがあると思いきや、反植民地主義を背景とした反英気質などもあって、英国に理があるとするいう風でもない様だ。日本の植民地主義は数年で終わったが、英国の植民地主義は現在でも続いている様なものなので、土着化した華人にとっては屈折した見方もあろう。英国など恐るるに足らずといった認識を日本がもたらしたのは事実である。英米が決して一枚岩でなかったことや、鉄板と思われている英国のスパイが意外とマヌケであったことなども指摘している。日本は鬼畜米英で、意外と英国を過大評価し過ぎていたのかもしれない。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する