2016年12月28日Wed [05:34] 中国  

習近平体制の真相に迫る

習近平体制の真相に迫る (友愛ブックレット)習近平体制の真相に迫る (友愛ブックレット)
鳩山 友紀夫 徐 静波 岡田 充 村田 忠禧 高野 孟 鳩山 由紀夫 東アジア共同体研究所

花伝社 2016-07-25
売り上げランキング : 496860

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


友愛も友好人士に代わって、親中の代名詞みたいになってきたが、ここまでくると鳩山はネタでやっているんではないかとも思えてくる。このメンツもスゴイが、孫崎が入っていないのはこの辺には慎重だからなのかな。習近平派も対日は団派がガッチリ押さえていて食い込めないでいる観があるのだが、天皇会見を実現させた鳩山を使って、提灯ぶら下げても何の影響力もないばかりか、かえってマイナスなっていることは気づいているだろう。反腐敗礼賛と「核心的利益」の宣伝という「歩く環球時報」なんだけど、大ブル三世の鳩山と日本の紅二代高野孟が習近平の下放神話にコンプレックスを感じているのは興味深い。鳩山は安倍はオバマと険悪だとか、高野はヒラリーはオバマよりタカ派だからとか言っていて、トランプ当選で、安倍とオバマが揃って真珠湾という現実に発狂してんじゃないの。高野は蓮舫の二重国籍問題には結局沈黙したみたいだが、やはり中共が蓮舫を刺したという見方は的外れではないか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する