2016年12月20日Tue [06:15] 東アジア  

東アジアの大学・大学院入学者選抜制度の比較

東アジアの大学・大学院入学者選抜制度の比較―中国・台湾・韓国・日本東アジアの大学・大学院入学者選抜制度の比較―中国・台湾・韓国・日本
南部 広孝

東信堂 2016-03
売り上げランキング : 111213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先行研究だけでまとめたものなのかな。大学は結構あるが、大学院入試の日中韓台比較などはあまりなさそう。何でも修士課程在籍者は中国がダントツで、その次が韓国、日本、台湾の順らしい。韓国が日本より6万人以上多いというのも驚きだが、日本と台湾も17万くらいであまり変わらない。人口比で言うと台湾がダントツだが、韓国と台湾は修士くらいないと、就職もおぼつかないか。日本の場合も就職モラトリアムは結構割合いそうで、「院デビュー」も多そうだが、他は成績が上位数パーセント以上でないと、修士にはいけないそう。成績上はロンダリング出来ない仕組みにはなっているのか。日本の場合、文系院だと、最初から就職は前提にできないだろうし、修士号が役に立つのは留学する時くらいかな。17万いると言っても、そのうちのかなりの部分は外国籍であろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する