2016年12月19日Mon [05:33] 東アジア  

日本帝国崩壊期「引揚げ」の比較研究

日本帝国崩壊期「引揚げ」の比較研究日本帝国崩壊期「引揚げ」の比較研究
今泉裕美子・柳沢遊・木村健二編

日本経済評論社 2016-06-22
売り上げランキング : 457133

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大学共同利用機関法人人間文化研究機構の連携研究とのこと。よく分からんが、研究会も法人化しているのか。移民研究は長い歴史があるが、日本の造語らしい「多文化共生」も理念に揺らぎが来ている。そこで、日本人自身が体験した「引き揚げ」の苦しい時代を思い出せということでもないのだろうが、そうした観点に政治性が帯びてくることは課題とはしている様だ。札幌の華僑研究というのが珍しいが、劉連仁を救出した元満洲国留学生の話は別の本でも読んだ記憶がある。同じ執筆者なのだろうか。地理的に離れていたこともあり、終戦時に北海道にいた留学生の少なからずが戦後も残留して、中華料理店などを経営したそうだが、北海道は気候的にも風土的にも東北中国人には暮らしやすかったのかもしれん。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する