2016年12月16日Fri [05:11] 北朝鮮  

自衛隊幻想

自衛隊幻想 拉致問題から考える安全保障と憲法改正自衛隊幻想 拉致問題から考える安全保障と憲法改正
荒木和博 伊藤祐靖 荒谷卓 予備役ブルーリボンの会

産経新聞出版 2016-10-07
売り上げランキング : 16543

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


予備役ブルーリボンの会なんてのがあるのか。荒木和博は予備役であることを常々言ってて、本も出しているのだが、会自体は予備役と自衛官OB(OGはいない?)で構成されているらしい。自衛官は退官しても予備役には入らないのか。そのメンバーの共著ということだが、荒木以外は自衛隊OB。荒木はマジで自衛隊による拉致被害者の救出作戦を想定しているのか。中国、韓国が自衛隊作戦に加担するなんてことは無いから、飛び道具で行くしかないのだろうが、いずれにしも、北朝鮮が混乱状態にあるという条件でもない限り、飛ばせないだろうから、その時に備えて法整備をしておくというのが目的か。荒木は憲法改正などしなくてよい。憲法を無くせば済むことという第三の道だが、戦争放棄という慣習があるんだから、成文でなくともいけるか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する