2016年12月05日Mon [04:22] イギリス  

チャーチル

チャーチル―イギリス帝国と歩んだ男 (世界史リブレット人)チャーチル―イギリス帝国と歩んだ男 (世界史リブレット人)
木畑 洋一

山川出版社 2016-03
売り上げランキング : 258987

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


山川世界史リブレット人。読んだと思ってたが、読んでなかった。チャーチル本も何冊も読む羽目になっているが、リブレットで、木畑洋一なら、押さえておかないと。時節柄という訳ではなかろうが、チャーチルのヘイトスピーチも何点か。インドとかマウマウは当時としては問題ではなかったのだろうが、最近、キャメロンがマウマウに謝罪したというのは、裁判の結果だけど、チャーチルの件も念頭にあったのかな。インド独立を大英帝国解体の序曲と見たチャーチルは抵抗するのだが、さすがにスコットランドまでは想像していなかったのでは。アイルランド独立運動はスコットランドには波及しなかったのだろうか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する