2016年12月03日Sat [04:42] ヨーロッパ  

近代ヨーロッパとキリスト教

近代ヨーロッパとキリスト教: カトリシズムの社会史近代ヨーロッパとキリスト教: カトリシズムの社会史
中野 智世 前田 更子 渡邊 千秋 尾崎 修治

勁草書房 2016-10-15
売り上げランキング : 242316

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4人の勉強会から、本にするにあたって、「飛び込み営業」で執筆者を集めたらしい。キリスト教系大学所属は11人中、青学と南山の二人だけ。宗教専攻は國學院の一人だけか。よって、統一的な流れは無いのだが、フランス、ポーランド、アイルランド、スペイン、オランダ、ドイツ、イタリアと集めてきた。カトリック国で欠けているのはポルトガルくらいか。オランダは珍しい感じもするが、ローマ・カトリック国家党という政党は恒常的にオランダ政治の中核に位置して、ナチ侵入前は政権党であった様だ。シチリアの話もあるのだが、いずれもカトリックは基本保守である。日本の左翼キリスト教は基プロテスタントもしくはカルトであるのが、それは単純に人口比率の問題である。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する