2016年12月01日Thu [04:46] 中国  

慟哭の通州

慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件慟哭の通州――昭和十二年夏の虐殺事件
加藤康男

飛鳥新社 2016-10-06
売り上げランキング : 2746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ニセチャイナ」の人も新書で出すみたいだが、この張作霖爆殺はコミンテルンと劉少奇の陰謀と関東大震災朝鮮人虐殺まぼろし派人に対抗したものなのかな。中国ではガン無視なのかと思ったら、公式史観では民衆のレジスタンスであるということになっているのか。となると、日本人虐殺を首肯してしまうと、「歴史修正主義者」ということになってしまうのかな。実際、「南京大虐殺」とかで「良心的スタンス」をとる人は通州事件に触れることはあまり無い様だし、あっても南京とは攻守逆転で、日本のプロパガンダ、殺されたのは僅かといった言説も見られる。ほとんど殺人ショーみたいな証言者の話は、中国人だったらやりかねないという前提があるのだろうし、それは南京大虐殺に於ける中国人の日本人への見方とも通じるものである。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する