FC2ブログ
2016年10月03日Mon [01:32] 東アジア  

日清戦争は義戦にあらず

日清戦争は義戦にあらず: 秩父困民党から軍夫へ日清戦争は義戦にあらず: 秩父困民党から軍夫へ
河田 宏

彩流社
売り上げランキング : 512356

Amazonで詳しく見る by AZlink


彩流社は前に日清戦争は侵略戦争ではないというワック並みの「肯定本」を出したことがあったのだが、あれは事故だったのか。ということで、既定路線に戻った形のもの。秩父困民党に連座して、入獄した者が出所し、軍夫として従軍するという話なのだが、実在の人物を題材にしたメタフィクションか。司馬はさうがにないが、中塚明が多い。東学党の評価は「日帝強占占領」の抵抗体として、「上海臨時政府」に紐づけできるのか。いずれにしても日本の大義名分は朝鮮独立であった訳だが、清は朝鮮を属国から西欧型の植民地として経営したかった。台湾よりは「化外の地」ではなかったということか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する