2016年09月12日Mon [04:39] 東アジア  

日本軍はなぜ満洲大油田を発見できなかったのか



三井物産の石油畑にいた人らしい。石油もの第2弾は歴史編。満洲だけでなく、サハリン、南方も。のっけから水からガソリンを作るという詐欺師に陸軍が乗せられる話なのだが、石油と山師は鶏が先か卵が先かみたいなもの。落合ノビ―もエクアドルで原油を掘り当てたのが始まりといううことになっているし。大慶辺りも石油が出るということは分かっていたみたいだが、ある日、技術者が陸軍に河南省に呼び出されて、石油の探索をする様に言われる。そんなところに石油が出るなんて話は聞いたことがなかったが、命令なので、行ってみると、方面軍の予算が足りない。石油が出るかどうか分からんが、水でも何でもいいから出して予算ので、探鉱せよとの話。仰天して断ったが、相手が軍だからどうしようもない。中国の海洋進出や防空識別圏も陸軍みたいに、おいしいカネ稼ぎができなかった海軍、陸軍の予算上の都合の様な気もするんだけどな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する