FC2ブログ
2016年07月28日Thu [04:54] 台湾  

台湾をめぐる安全保障 

台湾をめぐる安全保障 (慶應義塾大学東アジア研究所 現代中国研究シリーズ)台湾をめぐる安全保障 (慶應義塾大学東アジア研究所 現代中国研究シリーズ)
安田 淳 門間 理良

慶應義塾大学出版会 2016-03-23
売り上げランキング : 347809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


慶應東亜研の現代中国研究シリーズ。別に台湾を中国の一部として扱っている訳ではない。台湾の場合、軍事的に明文化された米軍の担保は無い訳だから、中国の実力行使は眼前の脅威であることは間違いないのだが、世界的潮流である軍事費削減は、兵士数を20年で半分に減らすなどして成し遂げている。94年の段階で50万人もいたというのは驚きだ。その分、街で軍人を見かけなくなったのは精神衛生上、喜ばしいところであるが、志願制が質の向上に直結する訳でもないらしく、、優秀な者が民間に流れると言う事はあるか。中国は台湾の退役軍人に「平和攻勢」をかけているらしいが、そもそも大陸出身老兵は統一派の牙城であったから、退役組織が独立派に流れることはないか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する