FC2ブログ
2016年07月01日Fri [04:37] カメルーン  

民族境界の歴史生態学 

民族境界の歴史生態学: カメルーンに生きる農耕民と狩猟採集民 (プリミエ・コレクション)民族境界の歴史生態学: カメルーンに生きる農耕民と狩猟採集民 (プリミエ・コレクション)
大石 高典

京都大学学術出版会 2016-04-11
売り上げランキング : 188597

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


博論もの。コンゴ側のピグミーは前にフィルワ本があったが、こちらはカメルーン側。たばこ研究所からも助成があったみたいで、たばこ、酒を主軸に於いている。先住民族を酒で無力化させるのも、パターンではあるのだが、この森奥深くの住民に酒の味を覚えさせたのは白人であるとは言えないか。酒やたばこを買うために賃金労働せざるを得ないのだが、カカオ畑などで、彼らの雇用主である部族も現金が無く、酒だけ与えて働かされる場合も多々あるとか。カカオ畑は男の畑で、女の畑とされるその他作物の畑と区別されるのだが、伝統的に畑は女の仕事であったらしい。日本でも戦前の炭鉱などではたばこや酒が現金代わりに使われていたことがあったと思うが、酒もタバコもやらずに労働するというのはピューリタンとかになってしまうのか。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する