2016年06月19日Sun [03:43] ドイツ  

ドイツの歌舞伎とブレヒト劇

ドイツの歌舞伎とブレヒト劇ドイツの歌舞伎とブレヒト劇
田中 徳一

えにし書房 2015-12
売り上げランキング : 803053

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ドイツで歌舞伎が最初に上演されたのは三国同盟の時代かなと思ったのだが、それよりずっと早い1907年にドイツの劇団による翻案劇が上演されたのだという。しかも、それ以前の1904年に当時のガリチアで上演されたのがヨーロッパ初というから古い話である。現在のポーランド、当時はオーストリア・ハンガリー帝国。日本の新劇などで、日本人が日本語で西洋人の役を演じることは誰も不思議には思わんのだろうが、ドイツ人がドイツ語でちょんまげ結って着物着てというと当時も今も奇妙なものはあるか。おそらく西洋人も日本の新劇には同じ様なもの感じていたのだろうが、演劇世界では言語や脚本、舞台は普遍世界とされているから、大した問題ではない。着物がチマチョゴリ風というのはまだ理解の範囲だとしても、子どもの衣裳が間に合わなかったので洋服のままだったというのは面白い。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する