FC2ブログ
2016年06月13日Mon [01:38] 中国  

中国近代の思想文化史

中国近代の思想文化史 (岩波新書)中国近代の思想文化史 (岩波新書)
坂元 ひろ子

岩波書店 2016-05-21
売り上げランキング : 73750

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者は北京大留学生派遣再開第一期生だったのか。81年だそうだが、その数年前から語学進修生は受け入れていたと思うが、指導教官が付く博士課程であったらしい。その当時の思想空間にも興味があるが、国民党が絡むものは微妙であったろうし、学生のほとんどが下放経験者ともなれば、思想の議論には慎重になろう。自ずから、思想より科学、歴史より現代という形となり、古い中国屋が涙する中国で日本がもてはやされた時代となる訳だが、それも今になってみれば、中国にとって日本は「近い西洋」に過ぎなかったのだろう。現在の公共知識人の思想空間は日本同様、西洋基準となっているのだが、内在的対立関係に於いては西洋思想を代表していたはずの中国共産党があたかも伝統中国の代表として、西洋と対峙しているという構図は奇妙である。そこから中国独自の現代思想が構築されるのかどうか分からんが、毛沢東を超えるインパクトを世界に与えるのはもう無理だろうし、「中国の夢」に漂う小物感と虚勢を張る大国意識のアンバランスがどうにも。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する