FC2ブログ
2016年06月10日Fri [01:51] 東アジア  

国際情報戦に勝つために 

国際情報戦に勝つために: 情報力強化の提言国際情報戦に勝つために: 情報力強化の提言
太田 文雄

芙蓉書房出版 2015-06-12
売り上げランキング : 415469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


国際畑の自衛官だった人らしい。米国には留学や駐在武官で長く、「レイプ・オブ・ナンキン」で、大使がアイリス・チャンと公開対決する様に進言したのはこの人なのか。ただ、その作戦には大使と認識の違いがあった様。外務省と防衛省の対立については別の新書にもあったが、互いの派遣要員について「座布団」とか「伝馬船」とか揶揄している状態だという。情報の一元化がなされないことは課題とされてきたのだが、自衛官の外国人配偶者は800人を超えるのか。外交官もその昔は外国人との結婚には帰化が条件とされていたのだが、外国人と知り合う機会が圧倒的に多い外交官より、分母の差の違いこそあれ、自衛官の外国人配偶者の方が多いのかもしれん。機密漏えいで処分された防衛省の女性職員による中国人との不適切な関係は、雨の日にコンビニから出て来たところ、傘を差し出した留学生との交際が始まったというから、これはもう仕込み以外のなにものではない。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する