FC2ブログ
中国人の日本観 第1巻 古代から二十一か条要求まで中国人の日本観 第1巻 古代から二十一か条要求まで
「中国人の日本観」編集委員会 小島 晋治 伊東 昭雄 大里 浩秋 杉山 文彦 栗原 純 並木 頼寿 大沼 正博 谷垣 真理子 王 勇

社会評論社 2016-02-25
売り上げランキング : 2048004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


1974年に自由国民社から出た資料集の再編集ものらしい。当時の編集メンバーから小島晋治、伊東昭雄 、杉山文彦と3人も加わっているのだが、新編集メンバーの並木頼寿は7年前に他界している。つまりはそれ以前から編集作業にあたっていた訳だが、新訳ではない様だ。2段組み550頁超はさすがに堪えた。貴重な休日を潰してしまったが、1974年当時の「常識」である日本の侵略、中国の抵抗といった一面的な見方は修正されているとのこと。とはいえ、元史料は同じものであるし、訳も変わらんのだろうから、元史料を吟味したのかもしれん。時代からいって、「中国」とか「韓国」といった用語でなく、可能性も高いがその辺は自動変換か。ただ、倭人とか東人といったところはそのままで、日露戦争はなぜか中東戦争になるらしい。今となっては中国人の日本蔑視もここ最近始まったものではないということは常識になりつるあるが、当時は日本人が一方的に中国人を蔑視した結果、侵略戦争に至ったというのが常識というかポリコレであったか。その辺は今でも大陸でポリコレであることは変わらんのだが、日本が変わったのは正に「歴史修正主義」だな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する