FC2ブログ
人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。――第2の人生 マラリアに挑む人生の折り返し地点で、僕は少しだけ世界を変えたいと思った。――第2の人生 マラリアに挑む
水野達男

英治出版 2016-01-23
売り上げランキング : 130055

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


住友化学のアフリカ蚊帳ビジネスの話は前に別の本で読んだけど、それとは別の人か。前の本ではビジネスとして成功したという話だったが、この著者によると、在庫が膨らみ、過労で倒れたことがきっかけで、ビジネスではなく人道支援に目覚め、NPOを主宰する様になったとしている。後半はほとんどそうした活動理念話で、実質PR本。元々、日本モンサントにいたそうだが、住友化学に移って、農薬をやっていたら、モンサントが農薬組み込みの遺伝子組み換え苗を売り出したので、ダメになり、新規市場開拓で蚊帳に目を付けたらしい。米倉狸がダボスで講演したら、シャロン・ストーンがいきなり立ち会って、私はマラリア対策に10万ドル寄付します。みなさん寄付してください。と呼びかけけると、一気に100万ドルも集まったという。さすがは氷の微笑だろうが、ケチな狸ジジイは幾ら出したんだ。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する