FC2ブログ
2016年02月08日Mon [03:07] 中国  

甘粕正彦と李香蘭

甘粕正彦と李香蘭 満映という舞台甘粕正彦と李香蘭 満映という舞台
小林英夫

勉誠出版 2015-07-30
売り上げランキング : 589823

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


李香蘭は原節子と同年生まれで、亡くなったのは原節子と1年と2日違うだけか。原節子が李香蘭みたいにミュージカル化されることはなかろうが、山口淑子の変幻自在ぶりはこの世代の女優でも特筆すべきものか。その辺は別に原節子の不器用さを示した訳ではないが、どの世界でも、どんな仕事でも生きていくバイタリティはやはり中国人的なところではあろう。そうした部分は程度の差こそあれ、大陸からの引揚者に共通しているのだろうが、甘粕にしても李香蘭にしても、伝説化された部分が相当あるから、どうしても満洲国という時代背景が必要となってくる。李香蘭の甘粕愛人説もそういう舞台設定では必然となってくるが、仮に川島芳子みたいに李香蘭が敗戦後に処刑されていたとしたら、李香蘭も川島芳子と同じイメージで語られる様になっていたのでは。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する