FC2ブログ
韓国人ジャーナリストがここまで書いた 「日本」が世界で畏れられる理由(わけ)韓国人ジャーナリストがここまで書いた 「日本」が世界で畏れられる理由(わけ)
マイケル・ユー 宋允復

KADOKAWA 2015-10-23
売り上げランキング : 406627

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前に新潮新書を出した松下政経塾出の在米韓国人か。原書とは変えている部分があるとは思うが、韓国向けに書いたものらしい。「日本は無い」「日本はある」の二項対立時代が過ぎたことは確かなようだが、ズレは日本と韓国にあるだけでなく、韓国と世界にあるといったところか。日本で嫌韓が広がったのも韓国メディアが日本語で発信する様になったことが大きく影響しているのだが、メディアは韓国では「言論」であるので、その見方が権威を放ち、日本が世界から孤立し、韓国が日本を追いつめていると錯覚されている様だ。従軍慰安婦とか東海表記、竹島とかの告げ口外交とかVANKとかなんとか女子大の反日キチ教授の行動は、そうした背景が裏付けとなっている訳だが、世界にとってそんなどうでも良い話に国を挙げて熱を入れる韓国の姿がどう映るかということは気づいていないのか。その辺、在米ジャーナリストとして比較的冷静に論じているのだが、最後の従軍慰安婦の件になると、やはり感情論が先だってしまっている。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する