FC2ブログ
2016年02月02日Tue [02:40] ロシア  

散策探訪コロムナ 

散策探訪コロムナ―ペテルブルク文学の源流散策探訪コロムナ―ペテルブルク文学の源流
近藤 昌夫

未知谷 2015-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前に読んだ「ガガです、ガカの」の続編かと思ったのだが、違う著者なのか。同じガガさんとの交流を描いた話なのだが、こちらの著者はロシア文学の教授で、交流はもっぱらペテルブルクである。つまりはガガさんは多くの日本人と交流があって、日本好きでもあるということだが、著者もガガさんやその知人を通じて別の日本人やロシア人たちと知り合う様になっていく。そのガガさんが文中で突然亡くなってしまうのだが、80歳を超えたのだから、男性の平均寿命がいつぞやは50代まで下がったロシアでは長寿を全うしたということになろう。若い頃は多聞に漏れずウォッカをガンガンやっていたそうだが、ソ連崩壊後の絶望状況の中でも、こうした芸術家の人たちは光明を見出していたことはあろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する