FC2ブログ
2015年10月15日Thu [22:35] イギリス  

チャーチル

チャーチル(祥伝社新書 ガリマール新評伝シリーズ)チャーチル(祥伝社新書 ガリマール新評伝シリーズ)
ソフィー・ドゥデ 神田順子

祥伝社 2015-09-02
売り上げランキング : 24168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


同時期に岩波もチャーチルの翻訳評伝を出しているみたいdがあ、こちら祥伝社ガリマール新評伝シリーズということで、フランス製。フランスも一応連合国側ということで、チャーチルの評価が低いという事はないのだが、ビシー政権との交渉の動きを見せたという点は引っ掛かっているみたい。もっとも敵側だった日本でも偉人扱いくらいだから、フランスでは身近な英雄ではあろう。ノーベル賞作家であり、植民地での経験が豊富であったこともフランス人にとっては近しく感じられるのかもしれない。チャーチルが日本びいきであったというのはほとんど神話に近いものかと思うが、母がアメリカ人で、海外特派員も経験したチャーチルは従来の英国上流階級の枠に収まらないコスモポリタンの一面もあったろう。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する