FC2ブログ
2015年09月27日Sun [22:52] チュニジア  

チュニジア近現代史

チュニジア近現代史―民主的アラブ国家への道程チュニジア近現代史―民主的アラブ国家への道程
ケネス パーキンズ Kenneth Perkins

風行社 2015-01
売り上げランキング : 1019251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者はアメリカ人で、英語圏に於けるチュニジア支の権威とされている人らしい。ということは仏語とかアラビア語では別の権威がいるのだろうが、フランスの保護領であったチュニジアでは「歴史認識」の問題は発生しないのか。原著は2004年で政変を受け20014年に加筆した第二版が底本とのこと。チュニジアと言えばアラブ世界随一の政教分離世俗国家であって、一夫一妻も法律で定めているのだが、この辺はフランスの影響というより、トルコの影響が強いのか。青年チュニジア党というのは青年トルコ党同様、他称かもしれんが、両者の関係性はある様だ。ブルギバはラマダン中にオレンジジュースを飲んで見せたり、ムハンマドを揶揄する様な事まで言った人らしいが、アラブ世界ではこういった国父的な人の統治の方が上手くいくのかな。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する