FC2ブログ
2015年09月24日Thu [01:03] 中国  

食をめぐる日中経済関係

食をめぐる日中経済関係―国際経済学からの検証食をめぐる日中経済関係―国際経済学からの検証
姚 国利

批評社 2015-08-10
売り上げランキング : 1442679

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ありそうで意外と見かけなかった通史。中国からの食品輸入はい一貫して続いてきた様にも思えるが、あらゆる食品に拡がったのは90年代に入ってからか。改革開放以前も天津甘栗の輸入割当とか友好商社が担ってきたものもあったのだろうが、要するに90年代になって大手食品会社のほとんどが中国に進出してから一気に加速したという事である。それまで生産していた台湾が大陸へ工場をシフトしたのも大きい。中国市場を狙う企業は沿岸部、日本への輸出専業は山東に集中しているのはセオリー通りだが、これからは市場面もコスト面もあって、内陸へのシフトを迫られるのだろう。日系外食のトップ2は吉野家と味千ラーメンとのことだが、共に日本の会社の持ち分はほとんどなく、実質香港企業か。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する