FC2ブログ
2005年05月20日Fri [03:22] ベナン  

ゾマホンも知らないゾマホンの国

ゾマホンも知らないゾマホンの国―ベナン共和国イフェ日本語学校の今
ゾマホン・ルフィン 小国 秀宣
明窓出版 (2005/03)
売り上げランキング: 61,167
通常2~3日以内に発送


てっきりテレビ用企画話かと思ったら、あのゾマホンのベナン学校建設話は今も継続しているらしい。それも小学校三つ(たけし小、江戸小、明治小)を開校させ、念願の日本語学校も開校させたというから大したものだ。この本はその「たけし日本語学校」で、一年間教員を務めた著者の記録とゾマホンの言葉のコラボレーション。なかなか楽しい本だ。ベナンの子どもがケンケンパで遊んでいたり、ベナンにも門松を置く様な習慣があるといった意外な事実から、アフリカン・アルファベットという西欧のアルファベットに対抗した独自の試みが始まっているとか、新たな発見が満載。それにしてもゾマホンがいなければ、あの番組がなければ、日本語学校建設に多くの人が協力していなかったら、こうしたベナン共和国について書かれた本を読む事が出来なかったと思うと関係者の皆さんに感謝である。この学校に入学希望者が殺到したという事実を日本は重く受けとめなくてはならない。
★★★

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する