FC2ブログ
2014年08月29日Fri [01:57] 韓国  

韓国家族

韓国家族---グローバル化と「伝統文化」のせめぎあいの中で韓国家族---グローバル化と「伝統文化」のせめぎあいの中で
平田 由紀江 小島 優生

亜紀書房 2014-05-31
売り上げランキング : 433600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


独協大学のプロジェクト本らしい。独協はあまり韓国のイメージは無いのだが、国際教養学部に韓国研究コースがあるのか。韓国家族というと、どうしても韓国カルトや韓流ファンの洗脳イメージがあるのだが、こtらはもちろん家族をテーマにした真面目な論集である。ニュカーマー女性の出稼ぎをテーマにしたものもあるのだが、こどもを南アフリカに留学させる為に来日してスナックや垢すりの仕事をしたりとか、グローバル化は富裕層から低所得者層まで広がっている。この家の娘は結局、南アからフィリピンの高校に進んだもののフィリピンの大学に進学できずに今は日本にいるらしい。英語至上主義による早期教育も実を結ばなかった訳だが、留学や海外に生活基盤を築く事情に於いては伝統的な家族のあり方も例外となるらしい。

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する